女性でも薄毛になる可能性がある~髪のお悩み相談室~

夫婦

技術が発達してきている

男の人

安全性が高い治療法

若い人でも若ハゲが増えてきて、植毛治療を受ける人が増えてきた今、病院が多すぎてどこでどのような治療をすれば良いか迷う人もいます。その中で今、人気となっている薄毛対策が自毛植毛法になります。自毛植毛とは、健康な髪が生えている部分から皮膚と一緒に髪を採取し、施術部位に移植する治療法です。頭皮の定着率も高く、移植の成功例も多いので人気があります。東京では、自毛植毛手術が日帰りで行えるクリニックも増えてきており、身体への負担も少なく、メンテナンスを不要としているクリニックもあります。現段階で受けられる治療方法は、自毛植毛か人工植毛になります。安全性が高いと言われている自毛植毛は、毛根の組織培養技術で薄毛治療に対する将来が期待されており、今なお研究され続けています。

約半年は治療が必要

確かに自毛植毛の技術は発達していますが、それでも植えた髪が再び生えるまで約半年は必要とされています。理由としては、植えた髪が一度抜けるためです。施術を終えた後、数週間から一か月程度の間に植えた髪は抜け落ちてしまいます。その後の髪の休止期間を過ぎた後に抜けた髪がまた生えてくるようになっています。東京のクリニックでは、抜け落ちた後も患者に対してしっかりとフォローを行い、徐々に髪をボリュームアップさせるためのアフターケアの指導をしています。半年間は定期的に通院が必要になりますが、東京は交通環境が整っており、通いやすい場所にクリニックが多いため、人気が高いです。より自然に髪が増えているように感じるためには、クリニック側の徹底したフォローと頭皮のアフターケアが重要になります。植毛施術を受けるのであれば、プライバシーが徹底しており、フォローをしっかりと受けることができる東京がオススメです。